経血が魚臭い・イカ臭い・生臭い驚愕の原因とある対策とは

経血の臭いが気になる魚臭い、イカ臭い、生臭いようななんともいえない臭いに悩んでいる方もいるでしょう。
ですが、このような臭いは、自分だけこのような状態なのだろうかと悩んでしまう方もなかにはいるかもしれません。

 

このような臭いはある程度自然になるものであるため、そこまで悩む必要はない、とも言われますが・・・

 

それでもやはり臭いが自分でも気になる程度までになると何か病気でも無いのかと心配になりますよね

 

経血が魚臭い・イカ臭い・生臭い驚愕の原因とは!?

臭いが発生する原因としては、経血内において菌が繁殖することで、臭いを発生していると考えられています。

 

この菌が繁殖したときに発する臭いが、たまたま魚臭い・イカ臭い・生臭いといった臭いに似たものになるようです。

 

そんな菌の繁殖ですが、臭うほど繁殖するというのにはやはりそれなりの原因があります。

 

菌が繁殖する原因

それは、デリケートゾーンが繁殖しやすい環境になっていると考えられます。

 

ナプキンなどをつけたりすることで、蒸れなどが生じるため、臭いがでやすくなる傾向があります。

 

また、経血はアンダーヘアにもついてしまう可能性があり、これも蒸れてしまうことで、臭いの原因になるでしょう。
できるだけ臭いを防ぐためには、蒸れを防ぐこと、そして経血などが付着した部分などもしっかりとふき取ることも大切です。

 

とはいえ、ナプキンからタンポンに変えて臭いが発生したなど、環境の変化がわかっている場合はいいのですが、何も変えてないのに臭いが出た場合には何か病気でも拾ったのでは?と心配にもなりますよね。

 

病気じゃない?

臭いが気になる場合の病気としては、細菌性膣炎の可能性が高いとする情報が多いようです。

 

しかし、臭いと病気の関係は一概には結び付けられません。

 

臭いが気になって診察を受けたら何も無かったという人や、細菌性膣炎ではなくカンジダ膣炎だったという人など、さまざまです。

 

それならば、まずは蒸れる環境や洗い方を対策してみて、ダメだったら診察を受けるというのでもいいかと思います。

 

 

まずは蒸れる環境や洗い方を対策してみる

ナプキンは、経血が溜まり、また、体温などの影響を受けることでも、蒸れにつながり臭いの発生となるでしょう。そのようなことをできるだけ防ぐために、ナプキンなども臭いが強くなる前に、交換することも大切です。

 

また、臭いを気にしすぎて、デリケートゾーンを強くこすってふき取ったり、清潔な状態にしたいと、お風呂で洗いすぎてしまうと、黒ずみの原因や肌荒れなどの原因になることもあります。
基本的に清潔な状態を保つということは大切ですが、あまりこすりすぎたり、洗いすぎたりしないようにすることもまた、重要なことです。

 

デリケートゾーン専用の石鹸や洗剤などもあるため、ボディソープなどで洗っている方などは、一度試してみるといいでしょう。
自分の肌質にあうものを使用するほうが、肌荒れなどになりにくく、自分の肌の状態をよりよく保つことにもなるでしょう。

 

基本的に臭い対策としては、経血をあまり長い時間、放置することのないようにナプキンなどは定期的に交換しておくことが大切です。
また、お風呂などで臭いを気にするあまりに過度に洗い過ぎないようにすることも大切です。

 

臭いの対策アイテムを使ってみる

アンボーテ

アンボーテ フェミーナウォッシュはナチュラル&オーガニックコスメの世界統一基準COSMOS※1の厳しいレベルをクリア、製品の95%がオーガニックの花やハーブの天然成分でできているデリケートゾーン用の美容液ソープです。

 

ニオイの原因がデリケートゾーンの洗い過ぎの乾燥にあるという考え方の元、オーガニックの天然成分できちんと汚れを落としながらの保湿を実現、香り高いローズ&シトラスで更にニオイを抑えます。
バスルームに置いてあっても違和感のないアンティーク風のデザインのパッケージもかわいいです。

 

アンボーテについて詳しくみる