オリモノが魚臭い/生臭い驚愕の原因とある対策とは?

オリモノが生臭いとか、魚臭いと感じたことはありませんか。

 

女性ホルモンのバランスが崩れることで、オリモノの臭いや量が変化することはよくあります。でも、生臭いような、魚臭いような匂いが続く場合は、もしかしたら細菌性膣炎に感染しているかもしれません。

 

 

オリモノが魚臭い/生臭い原因とは?

細菌性膣炎の原因は、膣内環境の悪化です。健康な膣内では、デーデルライン桿菌という乳酸桿菌(善玉菌)と白血球が体内に細菌を侵入させない働きをしています。

 

ところが、古くなったオリモノや体液が排出されずに膣内に残ってしまったり、男性との性交渉で雑菌が膣内に入り込んでしまったりすることが原因で、悪性の菌が過剰に増えて膣炎を起こしてしまいます。

 

悪性の菌の代表であるガードネレラ菌は悪臭のもととなる菌で、これが魚臭いとか生臭い臭いを出しているのです。

 

どう対策したらいいの?

細菌性膣炎になってしまったら、婦人科の病院に受診しましょう。
一般的には膣錠や飲み薬などの抗生物質で治療することで、症状が緩和されます。

 

ただし50%以上の確率で再発してしまうため、医師の指導やその後の再発予防が重要です。

 

予防や対策としては、膣内を清潔に保つために正しい洗浄を行いましょう。

 

通常のボディーソープや石鹸で洗っている方も多いと思いますが、膣内は身体表面の皮膚より非常にデリケートな部分です。
洗浄成分が強いものは善玉菌も一緒に洗い流してしまったり、洗い残りが膣内の炎症の原因になることもあるので注意しましょう。

 

また、水だけでは体液などのタンパク性の汚れや雑菌が洗いきれないので、水だけで洗うのはやめましょう。
膣内専用の洗浄剤を使うのもひとつの方法です。

 

清潔にしようとして必要以上に洗ったり、ウォシュレットを使用していると、やはり善玉菌を洗い流してしまいます。
腸内環境を乱さないよう、適度な洗浄を行いましょう。

 

生理用ナプキンやオリモノシート、タンポンなどを定期的に変えて、汚れたままの状態で長時間当てないようにしましょう。
膣内を清潔を保つとともに、規則正しい生活と栄養バランスの良い食事で免疫力をアップさせて、悪性の菌に負けない体を作ることも大切です。